ニュース

JR東海 キハ25形2次車の新製を発表

2013.03.14

 JR東海は14日、平成22年度に新製投入した在来線新型気動車のキハ25形をベースに新たな機能・設備を追加したキハ25形(2次車)52輌を新製し、旧型の気動車を取り替えて、より一層の安全性の向上とサービスの向上を図ることを発表した。

 今回の車輌取替により、同社が保有する全ての気動車はJR発足以降に新製した車輌となる。

 キハ25形(2次車)は、台車等の状態を常時監視する振動検知装置を在来線車輌として初めて搭載するなど、より一層安全性を向上するほか、同社が開発した鹿衝撃緩和装置を標準装備し、室内等にはLED照明を採用する。

 平成26~27年度にかけて、高山線、太多線、紀勢線、参宮線に計52輌を順次投入。設備投資額(概算)は約120億円(車輌製作費用、付帯費用を含む)。

 なおキハ25形(2次車)は、1次車とは外観等が一部異なるものとなる。


JR東海 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加