ニュース

JR東日本長野支社 3月ダイヤ改正より211系運行開始。クモハ123-1は運転取りやめ

2012.12.21

 JR東日本長野支社では、2015(平成25)年3月16日のダイヤ改正より、同支社で運行している普通列車の一部を211系車輌に置き換える。



▼長野支社で運行する211系のイメージ。



P:JR東日本長野支社 プレスリリースより



 また、塩尻―辰野駅間で使用の123系(クモハ123-1)の運転を取りやめ、E127系(2輌編成)で運行を開始するほか、また茅野―長野駅間の一部普通列車もE127系で運行、篠ノ井・信越本線(塩尻―長野間)で、E127系(2輌編成)でのワンマン運転を実施する。


詳しくはこちら(PDF形式)


JR東日本長野支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加