ニュース

JR西日本で新たな鉄道博物館開業

2012.12.19

 JR西日本は19日、2016(平成28)年春に京都・梅小路エリアで梅小路蒸気機関車館と一体となった新たな鉄道博物館を開業することを発表した。

 この新しい鉄道博物館では蒸気機関車から新幹線まで、時代を彩ってきた貴重な車輌50輌程度(蒸気機関車23輌、新幹線6輌、電気機関車4輌、ディーゼル機関車4輌など)を展示するほか、動態保存蒸機を間近で観察できる展示や、SLスチーム号への体験乗車を実施する。さらに梅小路運転区構内留置線を博物館に引き込み営業車輌などを展示するほか、「みる、触る、体験する」を重視した展示構成とし、新幹線タイプ、在来線タイプの運転シミュレーターを設置、ジオラマで鉄道模型運転を実施する。

 総事業費は約70億円で、公益財団法人交通文化振興財団に運営を委託する。

 なお、博物館名称、展示施設、展示車輌、収蔵品などの詳細に関しては、今後関係先などと協議・検討を進め、詳細が決定し次第、別途発表となる。





▲新しい鉄道博物館の全景外観イメージ。

▼展示車輌「プロムナード配置イメージ」。





▼展示車輌「本館配置イメージ」。



イラスト:JR西日本 プレスリリースより(3点とも)


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加