ニュース

JR東日本 “みどりの山手線ラッピングトレイン”を運行

2012.12.19

 JR東日本は、現在の山手線のラインカラーのきっかけとなった103系通勤型電車が1963(昭和38)年に登場してから来年で50周年を迎えるのを記念して、E231系500番代の車体をみどり色(ウグイス色)にラッピングした“みどりの山手線ラッピングトレイン”を運行する。また、今回の運行にあわせて、記念旅行商品や記念グッズを販売する。

 “みどりの山手線ラッピングトレイン”は、みどり色(ウグイス色)を車体側面全体にラッピングし、車内の吊手部には山手線の歴史と沿線風景を掲出する。



■運行期間

 2013(平成25)年1月16日(水)~2013(平成25)年12月28日(土)(予定)



■編成数

 1編成(11輌)



■内容

○外観

 ヘッドマークの貼付・みどり色(ウグイス色)のラッピング



○車輌内部

 車内吊手(アドストラップ)で山手線の歴史等を掲出



▼“みどりの山手線ラッピングトレイン”の車体イメージ。



イラスト:JR東日本 プレスリリースより


詳しくはこちら(PDF形式/記念旅行商品、記念グッズ等)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加