ニュース

JR東日本 C58 239を復元

2012.10.12

 JR東日本は12日、岩手県営運動公園内の交通公園に静態保存されているC58 239を復元することを発表した。

 C58 239は2013年度冬以降の運行を計画。釜石線を中心とした東北エリアで「SL銀河鉄道」(仮称)として土休日などに年間80日程度の運行を検討している。また東北各地で開催されるイベントやキャンペーンにあわせて東北エリアの各線区での運行も検討している。

 「SL銀河鉄道」は、釜石線では途中勾配区間を走行するなどC58 239のみでの牽引が困難であることから、動力付のキハ141系(旧50系客車改造車)をJR北海道から購入して改造する予定。なおキハ141系(旧50系客車改造車)は指定席車及びオープンスペース車からなる4輌編成を予定している。また、この客車は「銀河鉄道」をコンセプトとし、同時に東北の「文化・自然・風景」を感じことができる車内空間としてプロデュースする予定となっている。



▼列車のイメージ。

※沿線や東北の歴史、自然、文学、寛ぎ、発見をコラージュイメージしたもので、実際の車輌とは異なる



イラスト:JR東日本 プレスリリースより


詳しくはこちら(PDF形式/JR東日本 ウェブサイト内)


JR東日本盛岡支社 ウェブサイト


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加