ニュース

日光線、宇都宮線に205系リニューアル車投入

2012.09.27

 JR東日本大宮支社は27日、日光線で使用中の107系及び宇都宮線(東北本線)小金井―黒磯間で使用中の211系を、リニューアルした205系に置き換えて投入することを発表した。投入時期は両線用とも2013(平成25)年3月以降。



 205系リニューアル車輌は4輌編成。日光線用の宇都宮方、宇都宮線(東北本線)用の黒磯方先頭車(4号車)の後位4位側にトイレ、3位側に車椅子スペースを設置する。側扉は半自動式とされ、帯色は日光線107系及び宇都宮線E231系のイメージを踏襲したものとなる。

 投入本数は日光線用が4輌×4編成(16輌)で、宇都宮線(東北本線)用が4輌×8編成(32輌)。

 主な運転区間は日光線用が宇都宮―日光間、宇都宮線(東北本線)用が小金井―黒磯間だが、宇都宮線(東北本線)用車輌については日光線の運用に使用する場合がある。





▲日光線用205系リニューアル車のイメージ。

▼宇都宮線(東北本線)用205系リニューアル車のイメージ。



イラスト提供:JR東日本大宮支社



〔2012.9.28 画像追加〕


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加