ニュース

鉄道博物館 ナハネフ22形式 車内公開

2014.01.20

 今では、僅かとなってしまった夜行列車。3月には上野から青森を結んでいた寝台特急〈あけぼの〉の廃止も決まっているが、鉄道博物館には、この〈あけぼの〉にも使用された「動くホテル」「走るホテル」とも呼ばれていたブルートレイン「20系客車(ナハネフ22形式)」が展示されている。そこで懐かしい3段式の寝台や展望デッキなど、普段は外側からしか見ることの出来ないナハネフ22形式客車の車内を公開する。

 

◆展示場所

 鉄道博物館 ヒステリーゾーン1F ナハネフ22形式



◆展示期間

 2014年1月20日(月)~3月20日(木)

 ※休館日を除く



◆展示時間

 平日  14:00~15:00

 土休日 12:30~13:30

     15:30~16:30



◆その他

 車内への案内は3分間の入替制となる。各回先着約20組をご案内する。


詳しくはこちらを参照


鉄道博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加