ニュース

東京モノレール500形車の塗装を再現した「ヒストリートレイン」運行

2014.01.17

 2014年9月に開業50周年を迎える東京モノレールでは、1969年(昭和44年)から1991年(平成3年)まで運行した500形車をイメージした塗装を施した1000形車を、1月19日(日)から運行する。

 これによりこれまで運行した車輌、(1)開業時、(2)500形車、(3)1000形車オリジナル、(4)1000形車リニューアル、(5)2000形車の5種類が「ヒストリートレイン」として揃う。なお、今回「ヒストリートレイン」が揃った記念として、1月19日(日)と1月28日(火)の両日、モノレール浜松町駅10:00発~10:16発の間と同14:00発~14:16発の間は、ヒストリートレインをモノレール浜松町駅~昭和島駅間で上記(1)から(5)の順にパレード形式で運行する。

 また、1月19日(日)には「ヒストリートレイン」の運行を記念し、開業50周年の感謝の気持ちを込めてモノレール浜松町駅で9:50頃から先着300名に50周年記念オリジナルグッズやヒストリートレインのペーパークラフト等を配布する。



▲500形車運行風景

P:東京モノレールニュースリリースより



※500形車は、モノレール初のボギー台車を採用したことにより乗り心地を向上させ、また車体長をそれまでの1輌10mから15mへと延ばしたことで輸送力の増強が可能となり、1969年(昭和44年)から26輌が導入され、1991年(平成3年)の引退まで、東京モノレールの主力として22年間に亘り活躍した車輌。



【東京モノレール開業50周年記念「ヒストリートレイン」復活塗装運転記念イベントの実施について】



○実施日時

 平成26年1月19日(日)9:50~10:30頃



○実施場所

 モノレール浜松町駅 乗車ホーム等

 ※改札内になるので、入場の際には当日有効な乗車券または入場券が必要。



○実施内容

(1)「ヒストリートレイン」復活塗装運転記念セレモニー

 東京モノレールキャラクター「モノルン」による「ヒストリートレイン」パレードのお見送り

(2)開業50周年感謝イベント ~モノルンから「幸せのおすそわけ」~

 東京モノレール開業50周年記念オリジナルグッズ、「ヒストリートレイン」のペーパークラフトその他を、先着300名にプレゼント。

※なくなり次第、配布を終了する。


詳しくはこちらを参照(pdf形式)


東京モノレール ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加