ニュース

近鉄 12200系をクラブツーリズム専用列車に改造

2011.10.11

 近鉄グループでは、旅客誘致および沿線活性化の一環として、近鉄沿線の豊富な観光資源を活かした旅行商品の造成を積極的に推進しているが、観光事業強化策の一環として、近鉄特急12200系(2輌1編成×2編成)を、グループ会社であるクラブツーリズム(株)の専用列車に改造し、12月23日(金・祝)から運行を開始する。

 特定の旅行会社が年間を通して専用に使用する団体列車の運行は、国内初。



 この団体専用列車は、「旅行がもっと好きになる電車」をコンセプトとし、内装には、カーペット敷きの床や穏やかな色の照明を採用するなど、クラブツーリズムならではのこだわりを随所にちりばめるほか、様々な催しができるイベントスペースを新設することで、電車旅の楽しいひと時をサポートする。

外観は、クラブツーリズムバスツアーの最上級ブランドとして運行中のバス「ロイヤルクルーザー四季の華」のデザインを踏襲した、落ち着きと上質感溢れるグリーンのカラーリングとしている。





▲クラブツーリズム専用列車の外観イメージパース。画像提供:近畿日本鉄道(以下すべて)

▼クラブツーリズム専用列車客室内イメージパース。





 また、車体前面や側面、腰掛の枕カバーなどにクラブツーリズムのロゴを配置して旅の気分を盛り上げるほか、車内にはイベントスペースを兼ねた荷物置場を新設。イベントスペースとして使用する時には旅の楽しいひと時をサポートする。

 さらにトイレに温水洗浄便座を採用するなど、デッキ周りの内装もリニューアルして快適さを向上。オーディオ設備やマイク、スピーカーなども新たに設置する。



 この専用車輌の運行区間は近鉄大阪線、奈良線、京都線、橿原線、名古屋線、山田線、鳥羽線、志摩線で、改造に際しての投資金額は約4,000万円。





▲車輌側面の外観イメージ。

▼車内レイアウト図。モ15400形(Mc)+ク15300形(Tc)の2輌編成で、2編成導入される。





 なお、この列車の愛称にを10月7日より公募している。公募方法等は、クラブツーリズムの旅行情報誌『旅の友』11月号やクラブツーリズムのサイト等で告知している。



○プレスリリースはこちら(PDF形式/近畿日本鉄道 企業情報サイト内)



○愛称名募集についての詳細はこちらから(クラブツーリズム ウェブサイト内)



○クラブツーリズム ウェブサイト



○近畿日本鉄道 企業情報サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加