ニュース

JR東日本仙台支社で〈SL復興号〉運転

2011.09.30

 JR東日本では、蒸気機関車運行により沿線の復興に協力したいとの思いから、11月に〈SL復興号〉を運転する。

 11月12~13日は仙台―小牛田間をディーゼル機関車が、小牛田―石巻間を蒸気機関車が牽引する〈DL・SL宮城・石巻復興号〉を、11月26~27日は小牛田―新庄間を蒸気機関車が牽引する〈SL湯けむり復興号〉を運転する。



■運行計画

○〈DL・SL宮城・石巻復興号〉

 11/12,13運転

 仙台10:31→石巻12:58

 石巻14:52→仙台17:11



 ※編成

  仙台―小牛田間:DE10+旧型客車3輌

  小牛田―石巻間:C11+旧型客車3輌



○〈SL湯けむり復興号〉

 11/26運転

 小牛田 9:14→新庄12:44



 11/27運転

 新庄 8:47→小牛田12:51



 ※編成

  C11+旧型客車3輌



■指定券の発売

 指定席券は、乗車日の1ヶ月前の10時からJRの主な駅のみどりの窓口・びゅうプラザ等にて発売。また、同列車に乗車できる旅行商品も発売予定。



■運転にあわせたイベント

①「沿線のこころをひとつに!沿線スマイルプロジェクト」の実施

 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会の協力を得て、「沿線のこころをひとつに!沿線スマイルプロジェクト」を実施。11月12日の〈DL・SL宮城・石巻復興号〉及び11月26日の〈SL湯けむり復興号〉運転にあわせ、車内の進行両側に撮影用カメラを搭載。列車の走行中、撮影用のカメラはずっと撮影を続けているので、蒸気機関車が見えましたら、ぜひ蒸気機関車に向かって手を振ってください。

 撮影終了後、手を振っていただいた模様を編集し、12月中旬を目処にJR東日本仙台支社のサイト(http://www.jr-sendai.com)にて公開。



②鉄道部品の展示・入札販売

○概要

 仙台駅において、保存していた鉄道部品(ヘッドマーク・行先票)約200点の展示・入札販売を行なう。この収益金は、宮城県に対し売上金として寄付する。



○開催日、開催方法等

 11 月12 日(土)9:00~18:00 に、仙台駅3階みどりの窓口前にヘッドマーク及び行先票を展示。



・展示時間中に、希望の商品番号と入札額を、展示場所近くに設置した専用受付にて所定用紙に記入し、会場の担当者に手渡す。

・会場の担当者は申込半券を購入希望者に手渡す。

・本人確認証として申込半券を申込者本人が保管。

・落札者については、11月13日の9:00~18:00 に、受付番号を仙台駅3階みどりの窓口前にて告知。

・落札者は入札時の申込半券を提示し、現金払いにて所定場所で当該品を引き換える。



○販売品

 ヘッドマーク17点、行先票183点、出品数計200点



■その他

 11月12日は仙台、小牛田、石巻、11月26日は小牛田駅、11月27日は新庄の各駅で出発式を開催。

 11月10日には、宮城県石巻市内在住のこどもを対象に試乗会を開催。

 11月12、13日には石巻駅前で物産市を開催。


JR東日本仙台支社 ウェブサイト


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加