ニュース

山梨実験線 先行区間の走行試験終了へ

2011.09.15

 東海旅客鉄道株式会社(JR東海)と公益財団法人鉄道総合技術研究所(JR総研)は15日、山梨実験線 先行区間での走行試験を今年9月末で終了する予定であることを発表した。

 これは、新実験線42.8kmでの走行試験を早期に開始するため、先行区間での走行試験を今年9月末で一旦終了して、新実験線の更新・延伸工事に専念するため。

 新実験線は2013(平成25)年度中の早期工事完了を目指し、完成後は新型車輌L0系にて、実用化仕様などの最終確認を行ない、中央新幹線へと反映させていく。

 なお、先行区間18.4kmでの走行試験は1997(平成9)年4月3日より開始。今年9月14日時点の累計走行距離は約87.4万kmとなっている。


JR東海 ウェブサイト


公益財団法人鉄道総合技術研究所 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加