ニュース

113系で急行〈伊豆〉を運転

2011.06.14

 JR東日本横浜支社では、昔懐かしい急行〈伊豆〉号を、びゅう商品設定の団体臨時列車として運転する。

 車輌は113系を使用し、車体側面には国鉄時代に使用していた横サボを取り付ける。



■商品名

 「113系で行く急行伊豆の旅」



■運転日

 2011(平成23)年7月2日(土)・3日(日)



■使用車輌

 113系4輌(湘南色)+113系4輌(横須賀色)の8輌編成



■運転区間

 各日

 【往路】東京10:50頃発→横浜11:20頃発→伊東13:20頃着

 【復路】伊東15:30頃発→横浜17:30頃発→東京18:00頃着

  ※途中乗降駅は横浜駅のみ

  ※急行区間は東京―熱海間となり、熱海―伊東間は普通列車扱い



■商品内容

 発売商品には往復の運賃・料金のほかに記念品等が含まれる。

 ①特別弁当(記念掛け紙付き)

 ②特製 横サボレプリカ(プラスチック製)実物大

 ③伊東銘菓和菓子(記念包装)

 ④乗車記念(ポストカード)



■発売金額

 東京発着:おとな10,000円(こども7,000円)

 横浜発着:おとな 9,000円(こども6,500円)



■募集内容

 ①募集人員

  各日とも東京発着160名、横浜発着160名 ※最少催行人員は各日120名



 ②最少申込人員

  おとな1名(こども1名のみでの申込は不可。一回の申込は4名まで)



■発売開始

 2011(平成23)年6月15日(水) 14:00~



■発売箇所

 下記の駅のびゅうプラザ(旅行センター)またはびゅう予約センター〔電話予約 0570-04-8928〕および、えきねっと(http://www.travel.eki-net.com/)にて販売。



東京駅、有楽町駅、神田駅、新橋駅、浜松町駅、秋葉原駅、品川駅、目黒駅、蒲田駅、大井町駅、大森駅、上野駅、池袋駅、巣鴨駅、王子駅、赤羽駅、金町駅、松戸駅、北千住駅、柏駅、新宿駅、四ツ谷駅、高田馬場駅、中野駅、荻窪駅、渋谷駅、恵比寿駅、川崎駅、鶴見駅、武蔵小杉駅、武蔵溝ノ口駅、横浜駅、町田駅、橋本駅、大船駅、戸塚駅、藤沢駅、茅ヶ崎駅、平塚駅、小田原駅



■そのほか

 ①利用号車は申込の際に選ぶことができるが、往路・復路で異なる

 ②記念弁当の掛け紙は、各日異なったデザインとなる


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加