ニュース

七尾線電化開業20周年でイベント

2011.06.09

 1991(平成3)年9月1日に七尾線(津幡―和倉温泉間)が電化開業してから今年の9月で20周年を迎えることを記念して、JR西日本金沢支社では「能登ふるさと博」と連携した能登ふるさと博「七尾線電化開業20周年記念事業」を行なう。

 この事業では、ラッピング列車の運行や七尾運転センター構内の展示公開イベントをはじめ、臨時列車の運転、「能登ふるさと博フリーきっぷ」や「七尾線電化20周年記念入場券」などの商品を発売する。



★イベント等

①ラッピング列車

 地元ゆかりのキャラクターをデザインした“和倉温泉わくたま号”、“七尾とうはくん号”、“UFOのまち羽咋号”の3編成をラッピングして運行。



○運行期間:2011(平成23)年7月1日(金)~9月30日(金)

○車輌:415系電車3輌、3編成(9輌)

○出発式:2011(平成23)年7月1日(金)

      “和倉温泉わくたま号”:和倉温泉 11:00発

      “七尾とうはくん号”  :七尾     9:32発

      “UFOのまち羽咋号” :羽咋    13:31発





▲“和倉温泉わくたま号”のラッピングとヘッドマークイメージ。

 イラスト:JR西日本 プレスリリースより(下2点とも)





▲“七尾とうはくん号”のラッピングとヘッドマークイメージ。





▲“UFOのまち羽咋号”のラッピングとヘッドマークイメージ。



②「車両フェスタin七尾」

 七尾線で使用されている車輌を中心に、七尾運転センター構内に展示公開するとともに鉄道関連のさまざまなイベントを開催。



 ○期日:2011(平成23)年8月27日(土)~28日(日) 両日とも10:30~15:00

 ○場所:七尾駅構内

 ○内容:415系、521系、683系、のと鉄車輌などの展示(展示車輌は調整中)

      運転席乗車体験、車内放送体験、ミニSL運転、ジオラマ模型展示、鉄道グッズ販売、

      二十歳の一日駅長、子供写生大会など



★臨時列車の運転

①〈モントレージャズ号〉

 七尾マリンパークで開催される「モントレージャズフェスティバルin能登」にあわせ七尾線の金沢―七尾間に臨時列車を運転。



 ○運転日:2011(平成23)年7月30日(土)、31日(日) 2日間

 ○車輌:臨時普通列車(快速)3輌編成

 ○停車駅:金沢、東金沢、森本、津幡、宇野気、高松、宝達、羽咋、能登部、七尾

 ○運転時刻:金沢14:04→七尾15:43 七尾22:10→金沢23:10

 ○内容:往路の列車内で「ディキシーユニオンジャズバンド」によるジャズ演奏を予定



②〈長谷川等伯号〉

 七尾美術館で開催される特別展「長谷川等伯展」にあわせ七尾線の金沢―七尾間に臨時列車を運転。



○運転日:2011(平成23)年8月6、7、13、14、20、21、27、28日

       (8月の土曜日・日曜日)

○車輌:臨時普通列車(快速)3輌編成

○停車駅:金沢、東金沢、森本、津幡、宇野気、高松、宝達、羽咋、能登部、七尾

○運転時刻:金沢10:02→七尾11:17 七尾16:51→金沢18:01

○内容:車内で長谷川等伯と七尾の歴史について観光案内する予定。また七尾美術館では

     臨時列車の利用客にあわせ特別解説を予定


詳しくはこちら


JR西日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加