ニュース

鉄道博物館 「駅の風景」展

2011.05.27

 鉄道博物館の収蔵資料を中心に紹介する第4回コレクション展として「駅の風景」展が5月28日(土)から開催される。

 「駅の風景」展は、同館で収蔵している1970年から80年代の駅の絵画の中から、JR東日本管内を中心に選んだ絵画と現状の写真を対比して展示するもの。

 また、駅に関連する資料を展示して、利用する人や働く人の行き交う場所としての駅の姿も紹介する。



■開催期日

 2011(平成23)年5月28日(土)~8月31日(水)



■場所

 鉄道博物館スペシャルギャラリー1



■料金

 入館料のみで見学可能



■主催

 公益財団法人東日本鉄道文化財団

 鉄道博物館



■展示内容

①駅の風景

 JR東日本管内の駅を中心に、駅の絵画(故森惣介氏画)と現状の写真を展示。会期を3期に分け、各期60点を展示。



 I期  5月28日(土)~6月27日(月) 上野駅(1986年画)など

 II期  6月29日(水)~8月1日(月) 鎌倉駅(1975年画)など

 III期 8月2日(火)~8月31日(水) 東京駅(1983年画)、大宮駅(1975年画)など



②駅にいる人の風景

 出改札、ホーム、待合室、売店、立ち食いそばなどのスケッチ(故森惣介氏画)と写真を展示。



③駅に関する資料展示

 駅名標、乗車券、改札鋏、駅掲示の時刻表、駅弁掛け紙、汽車土瓶など


鉄道博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加