ニュース

南海電鉄 「南海思い出ミュージアム」第2弾を実施

2011.02.23

 南海電鉄では、「南海思い出ミュージアム」第2弾として、同社の昔懐かしい写真の募集、オンリーワントレインの運行、難波駅でパネル展の開催を行なう。



昔懐かしい写真の募集

■内容

 同社の古い駅舎または、かつて同社線を走っていた車輌、同社沿線の風景の写真(現像したもの、またはデータを保存したCD-R)に、撮影した年代や場所などできるだけ詳しい説明文を添付して送付。

 応募者の中から抽選で10名に、同社オリジナルグッズをプレゼント。



■募集期間

 2011(平成23)年2月23日(水)から同年5月31日(火)まで



■応募資格

 今後、イベントなどで無償使用することに同意していただける方



■応募方法

 便箋などに郵便番号、住所、氏名、電話番号、写真の撮影した年代や場所などでき
るだけ詳しい説明文を明記の上、郵送にて送付。



 【宛先】

  〒542-8503 (住所不要)

  南海電鉄・営業推進室「南海思い出ミュージアム」係



■写真について

 写真は、同社でデータを保存もしくはデータ化した後、郵送にて返却。返却不要の場合は、便箋などにその旨を記載。



※郵便事故などにより同社に届かなかった場合、または応募者に返送されなかった場合の写真

 に関しては対応されないので、あらかじめご了承を

※写真の取り扱いについては、細心の注意を払うが、郵送時に発生した損傷などについては

 責任を負いかねるので、ご了承を



■その他

○1人何点でも応募可能

○応募写真は未発表のもので、応募者または家族が撮影した写真に限る(著作権不明なもの、

 出版物などから転写したものは応募できない)

○被写体の肖像権侵害などの責任は負いかねる。第三者との紛争が生じた場合も責任は負い

 かねるので注意

○応募写真に関する著作権などは、応募と同時に同社に帰属する

○同社で使用する際にトリミングなどを行なう場合がある

○応募写真を同社が使用する際、応募者の氏名や住所(都道府県名)を明示する場合がある

○応募写真などについて、同社から問合せをする場合がある



オンリーワントレインの運行

■内容

 列車の車内吊り広告枠および額面広告枠(一部を除く)を使用し、同社がこれまで歩んできた歴史や、高野下駅の「南海思い出ミュージアム」について、ポスターで紹介。



◎車内吊り広告枠

 ①時代を彩る車両たち

  過去から現在に至る南海を代表する車輌を紹介。



 ②装いを変える車両たち

  過去と現在で塗装を変えた車輌を紹介。



 ③思い出の駅舎たち

  駅舎の変遷を紹介。



◎額面広告枠

 ①難波駅の変遷

  明治18年に建設された初代難波駅から、今年登録有形文化財として登録された現・難波駅舎

  (4代目)まで紹介。



 ②高野下駅「南海思い出ミュージアム」

  構内に鉄道部品などを常設展示し、駅名看板を昭和初期のデザインに復刻している高野下駅

  の「南海思い出ミュージアム」について紹介。



 ③同社の昔懐かしい写真の募集について



■掲出期間

 2011(平成23)年2月28日(月)~3月6日(日)



■掲出車輌

・南海本線、空港線、和歌山港線を運行している1000系 1編成×6輌

・高野線(難波―橋本間)を運行している1000系 1編成×6輌



難波駅でのパネル展の開催

■展示期間

 2011(平成23)年2月28日(月)~同年5月31日(火)

 ※2011(平成23)年2月28日以降順次掲出予定



■場所

・難波駅2階中央改札口(改札内)

・難波駅3階北改札口(改札内)

 ※都合により予告なく変更する場合がある



■内容

◎写真パネルの展示

 同社の古い駅舎や、かつて同社線を走っていた車輌などを写真パネルで紹介し、同社が歩んできた歴史を紹介。



◎映像コーナーの設置

 オンリーワントレインで掲示する画像を、スライドショーにして紹介。


南海電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加