ニュース

リコー 「GXR」の専用拡張ユニットを開発発表

2011.02.01

 株式会社リコーは1日、2009年12月18日に発売したユニット交換式カメラシステム「GXR」の専用拡張ユニット1機種を新たに開発発表した。



 開発機種名称は「GXR用レンズマウントユニット」。このレンズマウントユニットにライカMレンズ等を装着することにより、GXRでの撮影を楽しむことができる。また、装着したレンズの光学性能を生かす設計とされ、撮像素子は23.6mm×15.7mm(APS-Cサイズ 総画素数約1290万画素)のCMOSセンサー、及び新開発のフォーカルプレーンシャッターが搭載される。発売は2011年秋の予定。



※開発機種の名称・仕様・発売時期は最終決定ではない



 なお、2月9日(水)~2月12日(土)にパシフィコ横浜で開催される「CP+」において、GXR用レンズマウントユニットのデザインモックが参考展示される予定となっている。



■問い合わせ先

 株式会社リコー お客様相談センター

 フリーダイヤル 0120-000475


関連記事:GXRと江ノ電を歩く。(上) 「編集長敬白」


関連記事:GXRと江ノ電を歩く。(下) 「編集長敬白」


リコー ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加