ニュース

JR貨物 3月12日ダイヤ改正

2010.12.21

 JR貨物は2011(平成23)年3月12日(土)よりダイヤ改正を実施する。

 主な内容は次のとおり。 ※以下、(タ)は貨物ターミナルの略



■26輌編成コンテナ列車の福岡(タ)乗入れ

 鹿児島本線(北九州―福岡間)輸送力増強事業の完成に伴ない、北九州(タ)―福岡(タ)間で18本の列車を新たに26輌編成化(1300トン牽引)する。

 この事業の完成により、首都圏・中京圏・関西圏から福岡貨物ターミナルへ26輌編成(1300トン牽引)列車の直通運転が可能になり、同区間の有効時間帯列車の輸送力の増強
が実施可能となる。



◎北九州(タ)~福岡(タ)間26輌編成化する列車の列車番号と長編成区間(改正後)

【関東→九州】

○7055列車

  東京(タ)―福岡(タ) ※現在、北九州(タ)まで26輌編成で運転



○1055列車

  東京(タ)―福岡(タ)



○1051列車

  東京(タ)―千早(操)



○1059列車

  越谷(タ)―福岡(タ)



○1053列車

  横浜羽沢―福岡(タ)



【九州→関東】

○1050列車

  福岡(タ)―東京(タ)



○1054列車

  千早(操)―東京(タ)



○1058列車

  福岡(タ)―梶ヶ谷(タ)



○2062~4063列車

  福岡(タ)―新座(タ)



○1052~4051列車

  福岡(タ)―梶ヶ谷(タ)



【東海→九州】

○1065列車

  名古屋(タ)―福岡(タ) ※現在、北九州(タ)まで26輌編成で運転



○7059~8059列車

  西浜松―福岡(タ)



【九州→東海】

○1064列車

  福岡(タ)―名古屋(タ) ※現在、北九州(タ)から26輌編成で運転



○7090列車

  福岡(タ)―西浜松



【関西→九州】

○3066~1067列車

  梅田―福岡(タ) ※現在、北九州(タ)まで26輌編成で運転



【九州→関西】

○3050列車

  福岡(タ)―大阪(タ)



○1076列車

  福岡(タ)―姫路貨物



【東北→九州】

○4072~4086~1073列車

  新座(タ)―福岡(タ) ※列車は東青森発/現在、西岡山まで26輌編成で運転



■大阪(タ)発鳥栖(タ)行き直行列車の運転

 現在、大阪(タ)―福岡(タ)間で運転の貨物列車について、九州側の発着駅を鳥栖(タ)に変更し、南九州(鳥栖(タ)・熊本)行き輸送力の増強を図る。



○57列車

 現行:大阪(タ)20:49→福岡(タ) 翌日6:17

 改正:大阪(タ)20:49→鳥栖(タ) 翌日7:22 ※鳥栖(タ)で8091列車熊本行きへ接続



○56列車

 現行:福岡(タ)19:20→大阪(タ) 翌日5:21

 改正:鳥栖(タ)18:03→大阪(タ) 翌日5:21



■自動車部品等輸送の利便性向上

 名古屋(タ)―熊本間に1往復の貨物列車を設定(運転日は別途案内)。



○8091列車

 名古屋(タ)16:10→熊本 翌日10:41

  停車駅:岐阜(タ)、神戸(タ)、西岡山、北九州(タ)、鳥栖(タ)


○8090列車

 熊本17:24→名古屋(タ) 翌日13:33

  停車駅:鳥栖(タ)、北九州(タ)



■北海道―関西(梅田)間に直通ルートを新設

 東海道本線・東北本線の列車体系を見直し、北海道―関西間を直通列車で結ぶ列車を新設。従来の日本海縦貫線経由に加え、新たな直通ルートができる。



○5086~3083列車 ※毎日運転

 梅田22:57→札幌(タ) 翌々日5:31

  停車駅:梅小路、五稜郭



○3082~5087列車 ※毎日運転

 北旭川0:27→梅田 翌日13:38

  停車駅:苫小牧貨物、東室蘭、五稜郭、梅小路



■大型コンテナ輸送ネットワークの拡大

 重量コンテナ(ISO24トンコンテナ等)が積載可能な貨車の投入を積極的に進め、大型コンテナネットワークを拡大する。



○3090~5090~4081~1653列車

 名古屋(タ)→仙台港 コキ106形式コンテナ車配備(輸送力拡大)



○1084~4089~4051列車

 大阪(タ)・梅小路→熊谷(タ) コキ104形式コンテナ車増備(輸送力拡大)



○8091列車

 神戸(タ)→鳥栖(タ) コキ104形式コンテナ車配備(直通ルート新設)



○5099~73列車

 西浜松→新南陽 コキ104形式コンテナ車配備(直通ルート新設)



■機関車・コンテナ車・コンテナの新製・増備

 安全性及び輸送品質の向上を図るため、輸送機材の設備投資を積極的に行なう。



◎機関車:19輌新製

◎コンテナ車:76輌新製

◎コンテナ:1,500個の新製

       ※内訳

        ・19D形式(両開きタイプ)        300個

        ・V19B形式(妻側開き通風タイプ)  200個

        ・V19V形式(両側開き通風タイプ) 1,000個


詳しくはこちら(PDF形式)


JR貨物 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加