ニュース

山手線E231系500番代にLED照明を搭載

2010.12.13

 JR東日本では、山手線で使用しているE231系500番代1編成にLED照明を搭載して運行する。これは、同社で開発してきたLED照明を試行的に搭載するもの。

 LED照明とすることにより、1編成1年間あたりで、現行の蛍光灯と比べて約4割の消費電力低減と、それに伴なうCO2発生量を約12t削減できる見込み。



■実施時期:2010(平成22)年12月15日(水)以降

■対象車輌:東京総合車両センター所属 E231系500番代 1編成11輌

■実施内容

 ○客室内の全ての蛍光灯をLED照明に取り替え

 ○現行の蛍光灯具本体ごと交換するタイプと、現行の灯具の蛍光管のみを交換するタイプの

  2種類を搭載


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加