ニュース

JR東日本高崎支社 ジョイフルトレイン導入

2010.06.11

 JR東日本高崎支社は10日、2011(平成23)年7月から開催の『群馬デスティネーションキャンペーン』に向けて、ジョイフルトレインを導入することを発表した。

 車輌は485系お座敷列車を改造、車体は癒しと郷愁をイメージした塗色とされ、内装はゆったりとした高級感あふれる座席となる予定である。

 営業運転は同年夏頃からを予定し、吾妻線を中心とした運転が計画されている。



▲485系お座敷列車改造のジョイフルトレイン車輌の外観イメージ。

 写真提供:JR東日本高崎支社(2点とも)

▼1+2人掛けとなる客室内のイメージ。





 また、同支社ではジョイフルトレインの愛称を募集している。募集概要は次のとおり。

■愛称募集期間:2010(平成22)年7月30日(金)まで

■募集内容・選考基準

○群馬を走るジョイフルトレインにふさわしく、かつお客さまにわかりやすい愛称とする。



○愛称は応募数による決定ではなく、応募作品全体を参考としてJR東日本社内で選考の

 上、決定。



○応募の列車愛称にかかる一切の権利(商標登録、商品化する権利等)は、JR東日本に

 帰属する。



■応募要項

 高崎支社管内の主な駅に配布するパンフレットの葉書またはJR東日本高崎支社ウェブサイト(http://jres.jp/)から応募。



※応募サイトは、7月30日(金)15:00まで受付可能

 葉書の場合は、7月30日の消印まで有効



■プレゼント商品

○金賞(1名)※愛称採用者。複数の場合は抽選

 びゅう商品券(30,000円分)+ジョイフルトレイン記念品



○銀賞(30名)

 ジョイフルトレイン記念品



※金賞・銀賞の当選者へは、9月以降予定で商品を発送



■列車愛称発表時期:2010(平成22)年8月下旬を予定


JR東日本高崎支社 ウェブサイト


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加