ニュース

2月1日から“中央線201系・愛されて30年”キャンペーン

2010.01.26

 JR東日本八王子支社は、中央線に201系が投入されてから30年が経過したことを記念し、2010年2月1日を「201系の日」とし、“中央線201系・愛されて30年”キャンペーンを実施する。

 キャンペーン期間中は、記念入場券の発売や記念ヘッドシール電車の運転などを行なう。



■キャンペーン期間:2010年2月1日(月)~2010年3月31日(水)

■「201系の日」に伴うイベント内容

★「201系の日 記念入場券」の発売

 「2010年2月1日(20100201)は、201系の日」にあわせて記念入場券を発売。



○発売日時:2010年2月1日(月)7:00より発売

       ※なくなり次第終了

○発売内容

 中央線吉祥寺―高尾間の14駅と青梅線青梅駅の普通入場券(大人130円)および五日市線武蔵五日市駅の普通入場券(小人60円)の計16駅の普通入場券セット。

 ※発売金額:2,010円



○発売箇所

 三鷹駅  びゅうプラザ前

 国分寺駅 びゅうプラザ前

 立川駅  びゅうプラザ前

 八王子駅 びゅうプラザ前



○発売枚数

 三鷹駅500セット、国分寺駅500セット、立川駅500セット、八王子駅510セット

  計2,010セット



○発売方法

 各箇所とも先着順に一人最大3セットまでの限定発売。

 ※支払いは現金のみの取り扱いなる

 ※券番を指定して購入することはできない

 ※郵送での受付・販売は行なわれない



★「201系・愛されて30年」記念ヘッドシール表示電車の運転

 中央線201系の前面部に「201系・愛されて30年」の記念ヘッドシールを表示して運転。

○運転期間:2010年2月上旬~3月31日まで運転予定

○運転区間:中央線東京―高尾・大月間、青梅線立川―青梅間

○車輌数:10輌×2編成



 このほかにスタンプラリーや鉄道グッズの販売が実施される。


詳しくはこちら(PDF形式)


JR東日本八王子支社 ウエブサイト


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加