ニュース

東京メトロ02系にサインウェーブ

2010.01.15

 東京メトロでは。丸ノ内線02系の車体ラインを42年間親しまれたサインウェーブのデザインに変更し、2月より順次営業運転を開始する。同線でサインウェーブが見られるのはは14年ぶりのこととなる。



→車体ラインがサインウェーブデザインとなる02系のイメージ。
イラスト:東京メトロ ウェブサイトより


 サインウェーブは1954(昭和29)年の丸ノ内線開業時に投入された300形より使用されたデザインで、斬新なデザインとして広く親しまれてきたが、1996(平成8)年の02系化完了を最後に姿を消していた。

 その後、多くの利用客からサインウェーブの懐かしむ声があったことから、02系のリニューアルを行なうのにあわせてサインウェーブが復活することになった。



 02系のリニューアルは、車体ラインにサインウェーブデザインを復活させるほかに、内装については300形を意識した薄いサーモンピンク系統に変更し、客室内各ドア上部に17インチワイド液晶画面を2画面配置して多くの情報を提供する。また、モータは千代田線16000系にも導入予定の永久磁石式同期型モータ(PMSM)を採用して約10%の消費電力量削減を図るほか、今年秋以降は冷房能力も1輌あたり16.3kW×2台から23.3kW×2台に向上する。


東京メトロ ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加