ニュース

成田新高速鉄道の愛称決定

2009.12.17

 京成電鉄では「成田新高速鉄道」の整備と準備を進めているが、16日、成田空港線(京成高砂―成田空港間、51.4km)について、2010(平成22)年7月の開業を目指すことを発表した。

 あわせて成田空港線の愛称を「成田スカイアクセス」と決定するとともに、国土交通大臣に成田空港線の運賃の上限認可申請を行なった。



 愛称については、2008(平成20)年12月20日~2009(平成21)年1月15日の期間に募集していたが、成田空港へ直結していることを端的に表現、文字が持つイメージも良いことから、同社の新しい成田空港アクセスとして、利用客にも解りやすい愛称であるとして「成田スカイアクセス」が選定された。



 成田空港線開業後は、新型スカイライナーと主要駅に停車する特急列車を、ピーク時に1時間あたりそれぞれ最大3本運行し、日中についてもスカイライナーを増発、特急列車も1時間に1~2本運行する予定となっている。一方、京成本線においても、1時間に最大3本の特急列車を引き続き運行することで、1時間に最大9本の成田空港行き列車を運行することになる。



 また、成田空港線を通るスカイライナーの停車駅は京成上野・日暮里・空港第2ビル・成田空港。特急は京成上野・日暮里・青砥・京成高砂・東松戸・新鎌ケ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大・成田湯川・空港第2ビル・成田空港で、特急は押上線内は押上のみ停車となる。



 なお、成田空港線で運行する特急スカイライナーの料金は1,200円となり、京成上野・日暮里―空港第2ビル・成田空港間は、片道で運賃1,200円+料金1,200円の2,400円となる(現行の本線ルートは1,920円)。



○ルート愛称名決定についての詳細はこちら(PDF形式)

○京成電鉄成田空港線の運賃認可申請についての詳細はこちら(PDF形式)

○京成電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加