ニュース

JR東日本 新列車制御システムを実用化へ

2009.04.07

 JR東日本は7日、無線による列車制御システム「ATACS」の実用化について発表した。

 「ATACS」(アタックス/Advanced Train Administration and Communications System)は、列車位置検知を軌道回路によらずに、走行する列車自らが在線する位置を検知し、無線を使って車上・地上間で双方向に情報通信を行うことにより列車を制御する全く新しいシステム。これにより、従来システムで設置されている多くの地上設備の複雑さが解消されることになる。



 JR東日本では、この「ATACS」を仙石線あおば通―本塩釜間で2011年春より第1ステップとして基本機能(列車間隔機能等)の使用を開始する予定で、2012年春より第2ステップとして応用機能(踏切制御、臨時速度制限機能)の使用を開始する予定となっている。また、これにあわせて車輌改造工事も行なわれており、こちらは2009年度中に完了する予定。


詳しくはこちら(PDF形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加