ニュース

樽見鉄道 ハイモ295-617運行開始記念イベント

2009.02.13

 樽見鉄道株式会社では、西国33番満願霊場として全国的に有名な谷汲山華厳寺(同線谷汲口駅下車・コミュニティバスに乗換)において、3月1日(日)から14日(土)まで御本尊の「十一面観世音菩薩」が御開帳されるのに合わせ、新車輌「ハイモ295-617号」の運行を開始する。

 この車輌は、昨年廃線となった三木鉄道株式会社より購入した、元「ミキ300-105号」で、三木鉄道時代の塗装のままで運用に入る。

 これを記念して、運行開始日である3月1日に、ハイモ295-617号の出発式を本巣駅にて行なうほか、記念ヘッドマークの取付、運行開始記念グッズの販売などを予定している。また、同車の車内には三木鉄道時代や、トレーラー輸送時の写真を展示する(イベント企画協力:株式会社アストルプロダクツ)。



■ハイモ295-617号出発式

 3月1日(日)9:20より本巣駅ホームにおいて、三木鉄道の最終列車で花束贈呈を行なった鉄道アーティストの小倉沙耶さんより、担当運転士への花束を贈呈。また記念ヘッドマークを取り付け、本巣9:38発の樽見行きとして運転。



■写真展示の開催

 ハイモ295-617号車内にて、同車の三木鉄道時代の写真や、樽見鉄道へのトレーラー搬入時の写真を展示。



■運行開始記念グッズの販売(9:00~14:00)

 本巣駅構内特設ブースにて、同車の運行開始記念グッズの販売を実施。また、当日より「谷汲山華厳寺御本尊御開帳記念乗車券」も販売を開始。

 ※数量限定のため、売り切れの際はご容赦ください。



■鉄道部品等の販売

 同社の車輌・駅で使われていた部品の販売を実施(一部の商品については入札での販売)。



※天候や諸事情により、イベントの内容が変更または中止になる可能性があるため、最新情報は樽見鉄道のウェブサイトで確認を



■樽見鉄道株式会社

 TEL:0581-34-8039


樽見鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加