ニュース

京王井の頭線に新型1000系導入

2008.10.31

 京王電鉄では、京王井の頭線に新型1000系車輌(省エネルギー型)を導入し、2008年11月中旬予定で営業運転を開始する。



→正面の行先表示器がフルカラー・大型化された新型1000系。
P:京王電鉄ニュースリリースより(下写真とも)



 従来の1000系に比べ、先頭車輌正面の行先表示器が大きくなったほか、車外の案内表示器をフルカラー化するなど視認性の向上を図っている。また車内では、案内表示器に液晶画面を用いて、停車駅や運行情報、ホームの階段やエレベーターの位置などを分かりやすく案内するほか、車輌乗降口とドア先端部を黄色で表示するなどバリアフリー化がなされ、吊り手や荷棚の高さを低くし、握り棒を握りやすい形状に変更するなど、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れている。

 この新型1000系車輌も、同社で現在導入を進めているエネルギー効率のよいVVVFインバータ制御装置を搭載しており、2010年度までに京王線・井の頭線すべての車輌が省エネルギー型になる予定。



★新型1000系の概要

■導入時期:2008年11月中旬 営業運転開始予定

■今年度導入車輌数:25輌(5輌編成×5本)

■車体構造:ステンレス車体

■運行路線:京王井の頭線(渋谷―吉祥寺間)

■主な特徴

○車内案内表示器に液晶画面を用いて停車駅や運行情報などの分かりやすい案内を

 実施

○吊り手や荷棚の高さを低くするなどユニバーサルデザインの考え方を導入

○車輌の側面などの表示器をフルカラー化し視認性を向上



←液晶画面を用いた車内案内表示器。


詳しくはこちら


京王電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加