ニュース

和歌山電鐵で“たま電車”のサポーターを募集

2008.10.15

 和歌山電鐵は2006年4月に運行を引継ぎ、“いちご電車”や“おもちゃ電車”、そしてスーパー駅長“たま”の活躍により順調に運行を続けている。しかしながら約束されている残り7年の運行を終えたときに運行継続ができるかどうかは、同社のたゆまない経営努力によって引継ぎ当初の数字「年間赤字5億円」を8,200万円に抑えるだけでは実現不可能となる。地域住民の方々をはじめ、全国の方の応援・支援がなくては7年後、今回と同じように存続の危機を迎える状況になるかもしれない。

 そこで一人でも多くの方に利用してもらい、関心を寄せてもらうため、同社では“たま電車”デザイン発表に合わせて、“いちご電車”と同様にサポーターを全国募集する



■募集期間:2008(平成20)年10月18日(土)~2009(平成21)年1月31日(土)

■公募額:一口1,000円(広告料として)

 ※10口以上で申込みの方は、“たま電車”内の記念プレートに名前を掲示(永久掲示)。

  また10口未満で申込みの方は、和歌山駅に掲示

 

■公募の用途及び上限額

 “たま電車”改良製作費 約3,500万円



■応募方法

○直接持込の場合 受付窓口および受付時間(2ヶ所)

 和歌山電鐵本社・伊太祈曽駅窓口   9:00~17:30

 和歌山駅9番ホーム改札窓口      9:00~19:00



○振込みの場合

 全国の郵便局にて、郵便振替の払込用紙に必要事項を記入の上、送金。払込手数料同社負担の払込用紙は、伊太祈曽駅または和歌山駅(9番ホーム)にて配布。

 

 口座番号:00980-5-124202  

 加入者名:和歌山電鐵株式会社

 フリガナ:ワカヤマデンテツ(カ

 

 控えの払込票は領収書となるので、大切に保管を。



※記入事項

 通信欄:掲示を希望される名称(下記注釈参照)

 依頼人欄:住所 氏名、電話番号(必須要綱)



 注)掲示される名称は個人名・会社名・団体名となる。ニックネーム、連名、肩書き、

   商品名等では受付できない。



■応募者特典

 口数にかかわらず、受付1件につき“たま電車”缶バッジ(非売品)を各1部進呈。郵便振替を利用された方は払込票を持参の上、伊太祈曽駅または和歌山駅(9番ホーム)まで。



■公募に関する問合先

 和歌山電鐵株式会社内(たま電車サポーター係)

 TEL:073-478-0110  FAX:073-466-3577


詳しくはこちら(両備グループ ウェブサイト内)


両備グループ ウェブサイト


和歌山電鐵 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加