ニュース

名古屋鉄道 パノラマカー「名称列車」復活運転

2008.08.01

 名古屋鉄道では、7000系パノラマカーの2009(平成21)年度中の引退に向けて、さまざまな記念イベントを実施・検討しているが、その一環として、2008(平成20)年8月9日(土)に名鉄名古屋―吉良吉田間、同30日(土)に名鉄岐阜―新可児間において、7000系パノラマカー(4輌編成×1本)による「名称列車」の復活運転を実施する。



▼〈三河湾 吉良吉田〉号と〈日本ライン 新可児〉号の系統版イメージ



イラスト:名古屋鉄道ニュース・リリースより



 8月9日(土)は、名鉄名古屋12時50分発吉良吉田行快速急行に「三河湾 吉良吉田」の系統板を掲出、〈三河湾 吉良吉田〉号として運行する。また、同30日(土)には、名鉄岐阜11時44分発新可児行臨時特急として「日本ライン 新可児」の系統板を掲出し、〈日本ライン 新可児〉号として運行する。

 両列車へは当該区間に有効な乗車券を持っていれば誰でも乗車可能。また8月30日(土)には、新可児駅で同車輌の撮影会や見学会も開催する。

 今回の復活運転では、当時特急専用車輌として白帯塗装した7000系パノラマカー(7011-7162-7061-7012:現在は白帯だけを撤去)を使用する。



■運行日・運行時刻

○8月9日(土) 〈三河湾 吉良吉田〉号 快速急行吉良吉田行

 名古屋12:50→金山12:54→新安城13:21→吉良吉田13:54

 ※停車駅は基本停車駅

 ※多客の場合は、乗車券を持っていても乗車できない場合がある



○8月30日(土) 〈日本ライン 新可児〉号 臨時特急新可児行

 名鉄岐阜11:44→三柿野12:03→犬山12:15→新可児12:33

 ※全車一般席の特急。基本停車駅のほかに三柿野駅にも特別停車

 ※多客の場合は、乗車券を持っていても乗車できない場合がある



■撮影会及び車内見学会

○場所:広見線 新可児駅

○日時:8月30日(土) 12:40~15:50頃

○内容

 駅停車中に撮影会や列車内からの運転台見学会を実施。



○その他

 参加状況によっては、参加人数を制限する場合がある。


詳しくはこちら


名古屋鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加