ニュース

JR北海道 Kitacaのサービス概要を発表

2008.07.30

 JR北海道は、2008年秋から札幌圏において導入されるICカード乗車券「Kitaca」のサービス概要を発表した。






▲左より、Kitaca定期券・記名Kitaca・無記名Kitaca(プレスリリースより)



 Kitacaは「Kitaca定期券」「記名Kitaca」「無記名Kitaca」の3種類。いずれのカードも入金(チャージ)機能が付く。発売は、Kitaca利用可能エリア内の駅のみどりの窓口にて取り扱うほか、「無記名Kitaca」はKitaca対応の券売機でも発売する。






▲Kitaca利用可能エリアとキャラクター(プレスリリースより)



 今後のスケジュールとしては、8月中旬までに駅務機器を設置した後、8月中旬より社員モニター試験を、10月1日より利用客モニター試験を行い、モニター試験の状況によってサービス開始日を決定する。また、2009年春よりJR東日本の「Suica」との相互利用を予定している。



【Kitacaのメリット】

 Kitacaには以下の6つのメリットがある。


  1. ワンタッチで改札を通過できる
  2. 自動清算できる
  3. 繰り返し利用できる
  4. 再発行できる
  5. 券売機で切符購入ができる
  6. 電子マネーとして使用できる(予定)



【Kitacaお客様モニター募集】

 Kitaca導入に合わせて、モニター試験への参加者を一般募集する。募集概要は以下のとおり。

  1. モニター試験開始日

    2008年10月1日(水)

     ※モニター試験終了日は別途決定次第連絡
  2. 実施区間


    • 函館本線:小樽~札幌~岩見沢
    • 千歳線:札幌~新千歳空港~苫小牧
    • 学園都市線:札幌~北海道医療大学

  3. 募集期間

    2008年8月1日(金)~2008年8月15日(金)
  4. 募集人数

    500名
  5. 応募方法

    JR北海道のウェブサイト(http://www.jrhokkaido.co.jp/)にて受付

     ※駅・旅行センター・電話での受付はしません


Kitacaのサービス概要について(PDF形式)


Kitacaお客様モニター募集について(PDF形式)


JR北海道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加