資料館

内房線/袖ケ浦─巖根

2009.02.10
田園地帯の見通しのいい築堤
_MG_1226.jpg
2009.2.7
伊藤真悟(東京都)
【ガイド】宅地化が進む内房線木更津以北で、すっきりとした編成写真を狙うならここ。直線で田園地帯を走った下り列車は緩やかにカーブした築堤を駆け上がり小櫃川橋梁を渡る。土手から手軽に撮影可能。見通しはすこぶるいいので、長編成の列車でも最後尾まで画面に入る。
【レンズ】50㎜程度
【アクセス】袖ケ浦駅、巖根駅のほぼ中間。それぞれの駅から線路に沿ったルートをとって約20分。車ならアクアライン木更津金田ICから約10分。アクアライン経由の高速バス(袖ヶ浦バスターミナル下車)も利用できる。
【国土地理院1/25,000地形図】奈良輪
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加