資料館

WTR235B / JR西日本211系スーパーサルーンゆめじ

2010.03.18
 
601:WTR235B
WTR235B(T台車/クロ212-1001)
軸距:2100㎜ 車輪径:860㎜
軸箱支持:円錐積層ゴム式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

 1988(昭和63)年、瀬戸大橋の完成に合わせデビューしたJR西日本211系「スーパーサルーンゆめじ」のうち、クロ212-1001が履くT台車(M台車はWDT50B)。オリジナルの211・213系と同じくTR235系だが、JR西日本(West Japan)の頭文字である「W」が冠された。213系併結用のクロ212-1~5もこの台車を履いた。
Super saloon YUMEJI of West Japan Railway which made its debut in 1988.
JR西日本211系スーパーサルーンゆめじ:RailMagazine53号参照
1988.3.4 明石電車区 P:RM
2010.3.18作成
LINK これまでに収録したJR西日本の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加