資料館

FS65A / 広島電鉄1900形

2008.01.21
 
346:FS65A
FS65A(1904) 写真:2007.11.17 小網町-土橋 高橋一嘉
 京都市電900形のうち、1957(昭和32)年に増備された916号以降が履いた台車。原形式のFS65は901~915号が履いたもので弾性車輪を採用していたが、FS65Aではこれを取り止めている。台車枠は一体鋳鋼製。916~931号がワンマン化により1900形となり、このうち15輌が1978(昭和53)年の京都市電全廃と前後して広島電鉄に移籍、現在も活躍を続けている。写真は広島電鉄1904号“かも川”(もと京都市電1923号)が履いているもの。
軸距:1400mm 車輪径:660mm 軌間:1435mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

The 1900 type streetcar of Hiroshima Electric Railway where I transferred to from Kyoto streetcar. It produces it in 1957.
2008.1.21作成
参考文献
「住友金属の台車33」(『鉄道ピクトリアル』№494所収/1988年 電気車研究会)
復刻版 私鉄の車両3 広島電鉄』飯島 巖 青野邦明 荒川好夫
(2002年 ネコ・パブリッシング)
LINK
これまでに収録した広島電鉄関連の台車
これまでに収録した京都市交通局関連の台車 KL-11 FS65A
これまでに収録した路面電車関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加