資料館

DT600K TR600K / JR九州キハ200形

2007.11.07
 
318:DT600K
DT600K(キハ200-1) 写真:1991.3.29 直方気動車区 RM
319:TR600K
TR600K(キハ200-1) 写真:1991.3.29 直方気動車区 RM
 1991年3月ダイヤ改正から篠栗線に投入されたJR九州キハ200形気動車の台車。キハ183系500番代のDT53系の流れを汲むボルスタレス台車だが、台車上に車体ステップがあるため台車枠の形状や空気ばねの車体支持高さが異なる。基礎ブレーキ装置は踏面片押し。軸箱支持はロールゴム式だが、後の増備車では円錐積層ゴム式に変更されている。
 写真は登場時のキハ200-1のもの。
軸距:2100mm 車輪径:860mm 軌間:1067mm
軸箱支持:ロールゴム式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

A diesel train for rapid-service trains of Kyushu Railway Company, a KIHA-200 type. 1991 production.
キハ200形:RailMagazine90号参照 2007.11.7作成
LINK
これまでに収録したJR九州の台車
これまでに収録した国鉄形式の気動車用台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加