資料館

能勢電鉄50形51

2007.11.07
51_021.jpg
能勢電鉄51形は、阪急電鉄37形3輌を1948(昭和23)年に譲り受け70形として活躍した、1953(昭和28)年にオリジナルの車体で鋼体化を受けてクリームとブルーに塗られて50形を名乗り能勢電の主力として昭和41年まで働いた、その後51号車だけ生き残り、61号車と伴に「国鉄連絡線」が廃止になる1981(昭和56)年12月まで活躍した。 ’80.8 P:深山剛志
■『国鉄時代』vol.11好評発売中!
詳細はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加