資料館

FS316 その3/銚子電気鉄道デハ1000形

2006.07.21
  ↓FS315 ↑FS317
150:FS316銚子
 小田急FM系博物館の様相を呈していた富士急行にも1994年から元京王5000系(台車はもと営団3000系のFS510)が入線し、元小田急車である5700形電車は1997年までに順次廃車された。しかし、このうち2輌分の台車のみは、今度は営団地下鉄2000形の車体と組み合わされ、銚子電気鉄道デハ1000形としてから1994年から活躍を開始、現在も銚電の主力として活躍している。
 写真はデハ1001のもの。 →FS316 その1へ
軸距:2000mm 車輪径:860mm
軸箱支持:アルストムリンク 枕ばね:コイルばね

写真:2003.7.5 仲ノ町 RM
CDK1002
FS316を履く銚子電鉄デハ1002。日立電鉄に譲渡された仲間が消えた現在ではもと営団2000形は銚電の2輌のみとなってしまった。
LINK
これまでに収録した銚子電鉄関連の台車
雨宮板台枠改 FS316 TS-307 TS-321A NA-318T

  • このエントリーをはてなブックマークに追加