資料館

FS385 FS085 / 小田急電鉄9000形

2006.05.15
 
117:FS385
FS385(デハ9407)
117:FS385
FS385(デハ9507)
118:FS085
FS085(サハ9557)
 1972(昭和47)年に誕生した小田急電鉄9000形電車の台車である。2200形以来、小田急電車の特徴の一つでもあるアルストムリンクの軸箱支持に、2600形以来のダイレクトマウント構造の空気ばねと、それまでの方式を踏襲したものであったが、車輪径は2400形から5000形まで続いていたM台車、T台車を分ける方式ではなく、MTともに同径で統一された。
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:アルストムリンク 枕ばね:空気ばね(ダイレクトマウント)

写真:2006.5.13 唐木田 高橋一嘉
2006.5.15作成
→9000形ミニ・ディテールファイルへ
参考文献
『小田急電鉄の車両』大幡哲海(2002年 JTB)
復刻版 私鉄の車両2 小田急電鉄』飯島 巌 小山育男 諸河 久
(2002年 ネコ・パブリッシング)
これまでに収録した小田急電鉄関連の台車へのリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加