資料館

TS-301/岳南鉄道5000系

2005.10.12
 
18:TS-301
 1954(昭和29)年、東京急行電鉄初の高性能車として誕生した5000系電車の台車である。溶接組み立ての台車枠の上に直接枕ばねを置き、揺れ枕を枕ばねの上側のみとした構造は、当時としては画期的なものであった。側梁中央部の左右から上に伸びるのが横梁で、M台車では主電動機をこの横梁で吊り、直角カルダン方式で駆動する。
 5000系電車は1986(昭和61)年までに東急線からは引退したものの、長野電鉄、福島交通、岳南鉄道、熊本電気鉄道、松本電気鉄道、上田交通に譲渡されて引き続き活躍、TS-301もそのまま使用された。また、TS-301台車単体でも伊豆急行、西日本鉄道に譲渡されている。
 写真は岳南鉄道モハ5002(もと東急デハ5028)のもの。
軸距:2400㎜ 車輪径:860㎜
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:コイルばね

写真:2005.10.1 岳南富士岡 高橋一嘉
蛙
全国各地の地方私鉄で活躍した5000系譲渡車も、現在ではそのほとんどが姿を消し、現役で活躍するものは熊本電気鉄道に残るのみとなっている。写真は岳南鉄道のクハ5102+モハ5002で、これも京王3000系改造車に役目を譲り、2005年10月現在、岳南富士岡駅構内に留置されている。
参考文献
復刻版 私鉄の車両4 東京急行電鉄
飯島 巖・宮田道一・井上広和(2002年 ネコ・パブリッシング)
2005.10.12作成 2006.10.9更新
これまでに紹介した東京急行電鉄関連の台車へのリンク
これまでに紹介した岳南鉄道関連の台車
TS-301 TS-801

  • このエントリーをはてなブックマークに追加