資料館

FS541B/南海電気鉄道2300系

2005.09.20

1:FS541B
 高野線山岳線区間直通用として2005年3月に就役した南海電気鉄道2300系電車の台車。2000系(1990年登場)の装備するFS541と同様、軸箱支持に緩衝ゴム式を採用するダイレクトマウント方式の台車で、M台車のみの設定。また、全4編成中、2編成のMc2車(極楽橋方)の№2台車には、山岳線区間での車輪フランジとレールコーナーの摩耗防止のため、ノズルからエアカーテンとオイルを噴射する「レールオイラー」が装備されている。
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:緩衝ゴム式 枕ばね:空気ばね(ダイレクトマウント)

写真:2005.1.11 千代田工場 RM
nankai2300.jpg
南海電気鉄道2300系:RailMagazine260(2005年5月)号参照
2005.9.20作成/2006.1.17更新 
LINK これまでに収録した南海電鉄関連の台車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加