資料館

台車公園

2005.10.03
 
10:DT12
 DT12と言えば、モハ40、42、51系などが履いた、戦前型旧型国電の代表的な台車です。このDT12が展示されている公園があると聞き、出かけてきました。
               21-59.JPG
 場所は静岡県富士市の新通町公園の一角です。この公園は新幹線電車を日本で初めて展示した公園だそうで、今でも0系の先頭車(21形59号)が保存されており、そのまわりにはターンテーブルまで備わる本格的なライブスチームの線路(エンドレス2週分)もあります(第2日曜日に運転)。
DT12.JPG
 肝心のDT12は………さすが大きな0系の前でも負けない位の存在感があります。工場内では時折見かける台車単体での展示ですが、公園というのはあまり聞いたことがありません。しかし、普段はなかなか見ることが出来ない吊り掛けモーター(のケース)やブレーキロッドの配置、枕ばねの構造などをつぶさに観察できるのは嬉しいところ。その辺りに興味がある方は一度見て損はないでしょう。
DT12-2.JPGDT12-3.JPGDT12-4.JPG
 ただ残念なのは、オブジェとしての展示という性格なのか、解説文が一切ない点です。場所柄、身延線の旧型国電が思い浮かびますが、国鉄の工場から運んできたはずですから、そうなると履いていた電車を特定するのは、今となっては困難でしょう。
mituren.JPG 
 DT12のとなりには何故か旧国のものと思しき密連が。よく見ると…天地逆です。
 場所は岳南鉄道ジヤトコ前駅から徒歩15分程度。通りを西(市役所方向)に向かって進み、裁判所の角を右に曲がったところです。岳南鉄道に訪問の際には是非お立ち寄りを。
(高橋一嘉)
gakunan.JPG
2005.10.3作成
これまでに紹介した国鉄電車関連の台車のリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加