資料館

キハ48 5 

2017.02.09
20170209121028-e9e42e3286d30f2c4bc6c529b90e406a61ffb4c0.jpg
1982年にキハ48 4〜6ほか5輌が敦賀に新製配置されたが、1989年に5輌とも小郡に移動。その後、2003年度に5・6・1003が岡山に移動し、津山・吉備線で活躍した。両端片開きドアを生かして急行「つやま」専用車両に抜擢されたが、しかし、2009年3月改正で急行「つやま」は廃止、デッキ付きでワンマン化されなかったことが災いし、これら3輌も急行「つやま」廃止と運命を共にした。ちなみにキハ48はセミクロス車のため”遜色急行”と呼ばれていた。 ’09.3.7 津山線 法界院ー備前原 P:中村和幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加