資料館

近畿日本鉄道 モ1400形

2016.03.15
20160315122209-679dbbcdd6c58d31c8bfde29dbf9cc2a48f40fec.jpg
1939(昭和14)年大阪電気軌道(大軌)が投入した日本車輌製の制御電動車デボ1400形(1400〜1415)、制御車クボ1500形(1500〜1504)は、大軌の系列会社である参宮急行の高性能急行用電車2200形(新)と共通設計の、20m3扉の半鋼製ロングシート通勤車である。1944(昭和19)年、近畿日本鉄道となってからはモ1400形・ク1500形と形式名が変更された。1960年代になり片運転台に改造、そのさいに前照灯2灯化が行われている。1976(昭和51)年までに全車引退。モ1400形・ク1500形合わせて11輌が荷物用電動貨車に改造されたが1983(昭和58)年までに廃車となっている。 ’71〜72頃 近畿日本鉄道 上本町 P:瀬戸正教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加