資料館

西武鉄道 3000系 3007編成

2015.02.09
20150209113729-3dc70f052f3ba14f7defdb943489d0490531b705.jpg
1984年7月~10月に製造された 西武球場前寄り クハ3007 モハ3107+モハ3108 モハ3207+モハ3208 モハ3307+モハ3308 クハ3008 池袋寄り から成る3扉の8輌編成であり池袋線系統で活躍していた。2010年11月にモハ3207+モハ3208が廃車、6輌編成となり新宿線系統に転籍、主に国分寺線に活躍の場を移した。2014年11月下旬に運用を離脱、翌2014年12月中旬に近江鉄道に譲渡された。写真は堂々とした8連でありながら細々とローカル運用に付いていた3007編成の在りし日の姿である。 ’09.5.13  西武鉄道 狭山線 西武球場前 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加