資料館

福島交通 モハ5300

2014.09.11
ki_20140911_densha.jpg
1971年日車製の18m級自社発注車で窓が大きくスマートな外観が特徴。5318、5319の2輌(福島交通では形式にかかわらず末尾を通し番号とするので、それまでにあった17輌の後の18、19があてられた)製造され、両運転台車ながらいつも2輌連結で運用されていた。台車はDT21同等ながら釣り掛け駆動。1991年、1500Vへの昇圧にともない栗原電鉄へ譲渡されたが、同鉄道の気動車化のため1995年廃車。 ’80.6.17 福島 P:小西和之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加