資料館

小田急5200形

2012.03.07
kie_5200.JPG
5200形は78年に5000形の一部設計を変更して登場。主な変更点は5000形は4輌編成で二段式窓なのに対し5200形は6輌編成(一部は後に4両編成化)で一段式窓となっている。全盛期には6両編成20本が在籍していたが、06年からは3000形や4000形への置き換えが始まり廃車が発生し、5255F、5256F、5258Fが4輌編成化された。6輌編成は10年1月30日に引退し、残された4輌編成についても11年1月8日で引退している。 ’12.1.7 町田 P:崎山喜一朗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加