資料館

キハユニ26-19

2012.02.27
kihayuni26_770504.jpg
それまでは旅客車からの改造車でまかなってきた荷物・郵便気動車だったが、1958年にキハユニ25形式と共に登場した「新造の郵便荷物合造車」である。運転室・荷物室(荷重3t)・郵便室(荷重2t)・客室(座席数40)の構成で、客室設備・側窓・走り装置は、この時期に製造されていたキハ20-201~と同様であるが便所はなかった。前期型41輌と後期型28輌に大別され、後期形では客室設備・走り装置がキハ20-501~に歩調を合わせて改善されたが外観上の差異は少ない。大多数が九州地区と東北地区に配属され、写真撮影の年には全数在籍していたが郵便・小荷物扱いの縮小・廃止により漸次減少し、-19号車は1986年3月に廃車された。残存車輌も1987年の郵便扱い廃止により廃車、消滅した。 ’77.5.4 会津線 会津滝の原 P:長谷川武利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加