資料館

大分交通 別大線 500形

2011.10.18
111018_oita.jpg
大分交通・別大線500形は1956年から59年にかけて7輌が東洋工機で製造され、初期ロットの501、502は台車も東洋工機製で華奢な感じのTK202を履いていた。(503-507は近畿車輛製KD202)別大線の旧型車輌はオヘソライトが特徴だったが、300形以降はオデコにもライトが装備されている。1972年の別大線廃止にともない廃車。この502は別府市内に保存されていたが、解体されて現存しない。 ’62.7 仏崎 P:小西和之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加