資料館

クハ111-1329

2009.10.19
880520_111-1329.jpg
113系電車の制御付随車。また総武線増設線計画に東京駅付近の地下線化計画があったことから、旧運輸省令に基づくA-A基準適合車として、-1000代と番代区分された車両。当時は単純に地下区間走行に対応する設備車両という考え方から、外観は前年度まで新製の一般型(-0代)と同様。冷房装置も無く(JR化後にAU712で冷改)、押込み式通風器が屋上に並び、内嵌め式の二段上昇ユニットサッシ、前照灯が白熱式250Wタイプ等そのまま。-1329は、’70年2月に’69年度第二次本予算により、汽車会社で新製、大船区に配置され、横須賀線等で活躍。’76年以降幕張、津田沼区と変遷し、’05年に幕張区配属で廃車になるまで房総各線ローカルで活躍。 ’88.5.20 総武本線 千葉 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加