資料館

三岐鉄道 クモハ607+クハ1608

2009.06.26
080914.JPG
’88年に西武571系のクモハ577とクハ1578を2輌編成で譲渡。当時在籍していた旧451系譲渡車の601系の続番、クモハ607とクハ1608に改番の上、就役。従来の601系と異なるのは前面に行先表示器が埋め込まれているか否かの差異であり、その他はほぼ同様。性能は等は西武時代と替らず(CS-5系制御器、AMAE制動等の吊掛駆動)。台車は三岐入線後、たびたび振替が行われ、最終的にはMc車が旧京帝1900形のKBD107、Tc車が西武のFS-342となっていた。その他、使用環境のに応じて変化(側引扉SUS化、ワンマン機器搭載等)が生じたが、総じて非冷房のまま使用。西武から新101系の譲渡車輌と代替、’09年02月引退。 ’08.9.14 三岐線 北勢中央公園─保々 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加