資料館

D61 6

2008.11.05
08_11_05_D616.jpg
D61形は線路規格の低い丙線へ投入、9600形を置き換えるため、D51の従台車を2軸に改造、軸重を軽減した形式。種車のD51に余剰がなくわずか6輌しか改造されなかった。晩年は留萌支区に配属され留萌本線・羽幌線で活躍。’70年の羽幌炭礦が閉山し貨物の仕業を失い、余剰車が発生していた。はじめた撮ったD61ラストナンバーはD51 519からの改造である。すでに火を落としており、このまま復活することなく廃車された。4号機は最後まで生き残り深川機関区で’75年に廃車となっている。 ’71.2 深川機関区 P:佐々木裕治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加