資料館

島原鉄道 キハ5505

2008.08.14
shimabara_kiha5505.jpg
国鉄長崎本線乗入れ用として1960年に6輌新造されたキハ26形,キハ55形(1次車)の1輌である。仕様は当時の国鉄キハ55系に準じたものであるがいずれも両運転台となり、空気ばね台車を履いていた。またキハ55形にはトイレ設備はなかった。後継のキハ2500形の投入により1994年から一部廃車が始まり、写真のキハ5505は1997年10月に廃車となった。最後まで残った5502は2000年12月に廃車となり形式消滅した。 ’67.11 諫早 P:長谷川武利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加