資料館

国鉄サロ110形1200番代

2008.04.09
88061.jpg
’76年に登場’81年まで88輌が製造された113系用特別(グリーン)車輌。接客設備向上を目指し当時の特急普通車と同様の簡易リクライニングシート採用、台車もTR-69系採用。側窓完全二段上昇式ユニットサッシ、循環式汚物処理装置(一部準備工事)搭載。3-4位側に便洗面所、デッキを挟んで専務車掌室を配置(従来のサロ110形とは反位側)。当初は横須賀線から投入。順次東海道へも投入され老朽車両の置換えに増備。’78年の-1218~は便所FRPユニット化及び蛍光灯化により便所窓が小型化されたのが外観上の変更点。写真の-1288はラストナンバーで’81年12月日車製。当初静岡転へ配置後、’86年11月ダイヤ改正時、国府津区へ。以降、東海道東京口で活躍するも、113系東海道東京口からの撤退と同時の’97~’06年までに引退、番代消滅。 ’88.6.19 東海道本線 東京 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加